ネットの誹謗中傷で19歳逮捕/被害者の学生は自殺

ネットの誹謗中傷で19歳逮捕/被害者の学生は自殺

インターネット上の会員制交流サイト(SNS)に男性(当時18)を中傷する書き込みをしたとして、滋賀県警は1月31日、東京都文京区の無職の少年(19)を名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕した。捜査関係者によると、男性は滋賀県内の高校生で、昨年9月に自殺したという。

県警によると、少年は2015年7月に、SNS上で男性について「さまざまな女ユーザーに迷惑行為を行い、最終的にはそんなことはやっていないと逃げ惑っている」などと書き込みをした疑いがある。書き込みは、昨年9月まで掲載されていた。男性の家族は昨年11月、事実とは違う書き込みをされていたとして、県警に被害届を出していた。書き込みについて少年は「間違いありません」と容疑を認めているという。

捜査関係者によると、男性はSNS上に自分を装った別人による「なりすまし」の書き込みがあることなどに悩み、自殺直前の昨年9月下旬、県警甲賀署に相談していたという。県警では、詳しい経緯などを調べている。なりすましについては、逮捕した少年の関与はないとみている。

引用元:朝日新聞

ネットで学生を誹謗中傷した少年(無職)が逮捕された事件です。

いわゆるネットの誹謗中傷とはちがい「なりすまし」による嫌がらせです。

被害者になりすまし、SNS上で不特定多数の女性にたいして迷惑行為をおこなっていました。

被害者は警察に相談していたが、あまり効果がなく1年以上SNSに誹謗中傷を続けられた結果、遺書を残して自殺してしまいました。

何も死ぬことは無いとは思いますが、それだけ辛かったのでしょう。

警察に相談しても思うような結果が得られなかった絶望感からの行動でしょうから、いろいろと考えさせられます。

痛ましくて腹が立つことですが、SNSが自分の世界の中心にならないような教育の必要性も同時に感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました