堀ちえみのブログにネットの誹謗中傷「死ね消えろ」、50代主婦が書類送検

堀ちえみのブログにネットの誹謗中傷「死ね消えろ」、50代主婦が書類送検

がん闘病中のタレント、堀ちえみ(52)のブログに「死ね」「消えろ」などと誹謗中傷する言葉を何度も書き込んだとして、北海道に住む50代の主婦が6月18日に脅迫容疑で警視庁から書類送検されていたことが16日、分かった。

調べによると、主婦は堀が舌がんの手術を受けた2月4日の前日の3日に、「死ね消えろ馬鹿みたい」などと投稿。さらに、堀が食道がんの手術を受けた4月16日以降も「死ねば良かったのに」などと書き込んだ。

このため、堀の関係者が今春、警視庁に被害届を提出。発信元は主婦と特定された。この日、書類送検を報じたフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」の取材に主婦は、「『殺す』とは書いてない。『死ね』でも脅迫になるんですか。みんな書いてるじゃないですか」と主張。反省の色は見えなかった。

引用元:サンスポ

従来のネットの誹謗中傷は、匿名でリアルで関係がある人向けが多かったのですが、最近は、変わってきました。

自分よりお金もあったり、ルックスが良かったりする有名人に対しての誹謗中傷です。

その内容もあくまで想像にすぎず、でたらめばかりです。

誹謗中傷というのは、ストレス発散が主な目的で、短期的に行われる事が多かったので、これまでの芸能人は犯人を特定するとか裁判などは起こしてこなったと思うのですが、最近の誹謗中傷は長期化して、年単になってきました。

さすがに営業妨害ですし、いくら有名税とは言っても我慢の限界がありますから訴訟は仕方ないと思います。

また、誹謗中傷を行っている本人は、とくに悪気がなく、まさか犯罪になったり、裁判で訴えられるとは思っていないでしょう。

堀地ちえみさんの誹謗中傷をしていた50歳の主婦もサンスポの記事を読む限りでは、全く反省している様子はないように思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました