【ネットの誹謗中傷】芸能人に訴えられる事例

【ネット 誹謗中傷 芸能人】訴えられる事例

お笑い芸人らが発信者情報開示請求を行ったというニュースはありましたが、川崎希さんのような快活なイメージの芸能人が発信者情報開示請求を行い、その事実がネガティブにとらえられずに広く拡散されたことは、芸能人や著名人の名誉の回復などにかなり大きな影響を与えたと思います。芸能人や著名人は、ネット上で事実無根の誹謗中傷を受けたとしても、従来は芸能人としてのイメージ、芸能事務所のイメージを守るために耐え忍んでいたケースが多いでしょう。しかし、今回の川崎希さんの発信は、この芸能界の常識に一石を投じ、今後、芸能人や著名人による発信者情報開示請求がどんどん行われていくという結果をもたらすのではないかと考えます。

引用元:日刊ゲンダイ

ネットの誹謗中傷はどんどんエスカレートし、お隣の国の韓国では自殺者まであらわれました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました