ネットの誹謗中傷の心理/SNSでの特徴

ネットの誹謗中傷の心理

ネットの誹謗中傷をする加害者の心理としては、自分が犯罪行為をしているという事に気づいていない事がほとんどです。

つまりは、ネットに関するリテラシーの低さからくるものです。

現在の法律は、ネット社会に適しているものではなく、法の整備が遅れているのが現状です。

ネットの誹謗中傷がこれだけ行われているのにも関わらず、取り締まりができているとは思えませんん。

また、ネットの誹謗中傷の加害者の言い分としては、「正義感」というような自己正当化するようなものや誹謗中傷をされても仕方がない人物といった身勝手な事が多いです。

 

ネットの誹謗中傷が原因で訴えられた場合

ネットの誹謗中傷とは気づかずに訴えられてしまった場合は、まず自宅に裁判の申し立てがきます。

そこで自分が訴えられてしまったという事を知るのです。

自宅に裁判の通知が来たという事は、個人が特定されているという事です。

個人を特定するためには、様々な手続きがあり、それらを法的に乗り越えてきたという事ですから、裁判になったら勝ち目はありません。

 

ネットの誹謗中傷をすると内容証明が届くことがある

ネットの誹謗中傷をしたことが原因で自宅に内容証明が届くことがあります。

この内容証明は受け取りが確認できるものではあるのですが、法的な拘束力はありません。

この時点では、まだ裁判をおこしているわけではないので、素直に謝罪して示談にした方が良いです。

相手は、弁護士を使って内容証明を送ってきているので、こちらも必要とあれば弁護士を付けた方がスムーズです。

裁判になると全国ニュースで実名が報道されたり、職場にバレて退職されることになりますので、無視することだけはやめてください。

 

ネットの誹謗中傷する人の特徴

ネットの誹謗中傷をしてしまう人にはある程度の特徴がいくつかあります。

・自分の人生がうまくいかず八つ当たり的に誹謗中傷をするタイプ

・相手の対応に腹を立てて粘着するストーカー気質タイプ

・誹謗中傷することが日常である種の依存症となっているタイプ

などがあります。

自分では悪い事だと思っていてもつい誹謗中傷をしてしまう人は、ある種の心の病気ですので、心療内科の受診をおすすめします。

 

ネットの誹謗中傷が規制されない理由

日本では、ネットの誹謗中傷が規制されていません。

日本以外の国では、実名でログインしないとインターネットができない国やネットの書き込みを規制した国もあります。

日本では、「表現の自由」を理由に規制に対しては反対する人が多いです。

言論・表現の自由が保障されていると言っても、これを掲げていれば何でも許されるというわけではありません。もともと憲法による「表現の自由」とは、政府の権力に制限を加えることで国民の基本的権利を保障するものです。

引用元:誹謗中傷対策ネット

「言論、表現の自由は絶対的なものではなく、他の名誉、信用、プライバシー等の法益を侵害しないかぎりにおいてその自由が保障されているものである」

引用元:宴のあと事件

「プライバシーの侵害については、その事実を公表されない法的利益とこれを公表する理由とを比較衡量し、前者が後者に優劣する場合に不法行為が成立する」

引用元:長良川事件

表現の自由は、いきすぎると反社会的な要素がありますので、社会的な害悪がある場合には、当然、抑制してもよいと考えています。

また、自由という名の差別やプライバシーの侵害にも一定のはどめをかける必要があるように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました