ネット誹謗中傷の特定/書き込みの犯人

ネット誹謗中傷の特定

ネットの誹謗中傷をされたときに、知り合いや本名やHNなど誰かわかっている場合は、対処が簡単です。

内容証明を送るなり、訴えるなりすればいいのですから。

しかし、相手が匿名で、誰かわからない場合は、爆サイや2ちゃんねるに書き込みをした人を特定する必要があります。

この誹謗中傷をしている犯人特定には2段階の手続きが必要です。

言い方を変えれば、嫌がらせをしているのは誰か?の調べ方は、実は決まっています。

ネットの誹謗中傷の特定のためにIPアドレスを調べる

まずは、書き込みをしたサーバー会社や管理人などにコンタクトをとってIPアドレスの特定をする必要があります。

相手がインスタの場合やツイッターの場合は、海外の企業とやりとりをすることになるので、英語でIPアドレスの情報開示をしてもらう手続きが必要です。

IPアドレス (Internet Protocol Address) は、ネットワークに接続されている個々の機器に割振られた識別子で、ネットワーク上の住所とも言われ、「157.7.184.35」の様に「.」(ピリオド)で区切られた4列の数字の羅列で成り立っています。

インターネットなどのネットワーク上では、サーバーやルーターなどの機器間の通信は、この識別子で経路を割り出すプロトコルによって行われます。住所(所在地)と形容するだけあって、この数字の識別子でデータの送信先や参照元となるコンピューターの位置を特定することができるのです。

引用元:バリュードメイン

警察が介入するような緊急な事例だとすぐにIPアドレスを開示してくれますが、弁護士経由の場合は、けっこうな期間が待たされることも少なくありません。

また、企業は個人情報の保護などのコンプライアンスなどを理由に発信者情報開示に対して消極的です。

ネットの誹謗中傷の特定のために個人名を調べる

IPアドレスが、2ちゃんねるや爆サイなどのネット上の掲示板やツイッターやLINEなどのSNSからわかってもまだ個人は特定できません。

IPアドレスが特定出来たのは、どのプロバイダを使っているかがわかっただけです。

「プロバイダ」とは、フレッツ光をインターネットにつなげる事業者のことです。

プロバイダはインターネットの入り口。フレッツ光でインターネットを利用するには、フレッツ光のご契約とは別に、プロバイダのご契約が必要です(別途月額利用料などがかかります)。

引用元:フレッツ光

この後は、契約したプロバイダを使ってネット上で誹謗中傷した犯人の個人の情報を入手する必要があります。

誹謗中傷を書き込んだIPアドレスのプロバイダを使った契約者が犯人という事になります。

ここでも企業側がプライバシー権やコンプライアンスの観点からなかなか個人では、情報を出してくれません。

 

ネット誹謗中傷の開示請求

ネットの誹謗中傷の開示請求が行われるのは、匿名で行われることが多いからです。

裁判をするにしても、相手が誰かわからない場合は訴える事ができませんので、まずは発信者の情報開示請求が先です。

緊急性が高くなければ、警察は捜査してくれませんので、開示請求は、個人でやるか、弁護士に依頼する必要がります。

個人でやる場合は、書き込みが行われた爆サイやインスタなどの場合、管理者は無視したり、最初から相手にしてくれません。

いきなり弁護士から依頼してもらった方が対応は全く変わってきます。

悪質な書き込みをしても犯人が特定できなければ法的措置もできません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました